24 11月

逆援助交際を継続させるコツ

逆援助交際は、お金を出してくれる女性あっての物なのです。
逆に言えば、逆援助交際というのは女性がお金を出してくれる気がなくなってしまえば関係として成り立たなくなってしまうわけですね。
なので、逆援助を関係として続けていくためにはそれなりのやり方や必要なことがあるのです。
逆援助交際を長く続けていくにはどんなことが必要かを解説しましょう。

逆援助を長く続けよう

逆援助を長く続ければ、それだけセックスを好きに楽しむ事ができますしお金も継続的にもらい続ける事もできますからね。
言い方は悪いですが、かなり割のいいバイトになりますのでやるからには気に入られて関係を継続して行くに越したことはないでしょう。
そこで、逆援所を長く続けていくためには必要なことを学ばなければいけないわけですが、どんなことが必要なのかというとすなわちそれは女性に気に入られる事です。
女性に好かれ、側においておきたいと思わせるようにすることが必要になります。

逆援助の女性に好かれるためには

逆援所をする際には、女性に好かれる事は必須スキルになるのですがただ好かれるだけではなく、逆援助をしていく上でこの人を側においておきたいという風に思わせるにはちょっとしたコツが居るんです。
その中でも、特に依存させるというのがテクニックになります。
そのためには、自分が側に居ることでしか満たされない快感や充足感を与えてあげる事が大事なんです。
そのためには、セックスの際やデートの際はたくさんスキンシップを取る、色んな所に触れるキスをたくさんする、甘い言葉をたくさん言うなど、女性として満たされる事をとにかくたくさん行うことです。

愛人関係になろう

継続的な逆援助の関係、というのは正に若い愛人状態になることが最も理想的です。
そして、一番大事なのは自分からお金をあまり無心しないことが大事です。
相手の女性が自分から気持ちをつなげておきたくてお金を出すように仕向けるのが大事なんです。

24 11月

逆援助交際の期間と付き合い方の関係

逆援助交際をする際には、関係性をどういうふうに成り立たせるかということも重要な要素ですね。
逆援助も、普通の出会い系サイトなどを使った出会いと同じく人の数だけ形があり、どういう関係を成立させるのかという事が関わってきますからね。
関係性の成り立ちと、形作るものという事解説します。

逆援助での関係性の期間について

逆援助ではどんな関係を作るのか、という事が大事なのですがそれだけでなくどんな期間楽しむつもりなのかということも大事です。
基本原則、逆援所の関係性というのは女性がイニシアチブを取って決定する物なのですが、その女性が逆援所の関係をどんな期間楽しむつもりなのかということで付き合い方も変わってくるんですね。
わかりやすく言うと、一回限りの割り切り関係なのか、それとも定期的に会って関係を続ける継続的な関係なのか、ということですね。
逆援助は主にこの二つのどちらかに分類されますのでその二つをベースに付き合い方を学びましょう。

逆援助と付き合い方

逆援助で、どんな期間が求められているのかどんな付き合い方が望ましいのかという事は非常に大事なんですね。
まず、一回限りの割り切り関係なのですがこの場合はあまりベタベタした関係は作らない事です。
いわば、相手の女性に求められる事だけを激しくするという事が大事です。
逆に、逆援助の関係を継続するのであれば優しさや癒やしを相手に伝え、相手のしたいことを汲み取ってあげたり、一緒に楽しんでいるというような態度をしっかりと見せ、内面的な部分での良さも見せる必要があるんですね。

期間と付き合い方

逆援助における付き合い方と期間は、短ければ肉体的な快感、ながければ精神的な充足感を重視するというような風に、逆援助に於ける求められる物と何に比重をおいて付き合っていくのかという事を上手に切り替えなくては行けないのです。
期間がながければ長いほど、相手に喜ばれる精神的な方に比重を傾けましょう。