24 11月

逆援助交際を継続させるコツ

逆援助交際は、お金を出してくれる女性あっての物なのです。
逆に言えば、逆援助交際というのは女性がお金を出してくれる気がなくなってしまえば関係として成り立たなくなってしまうわけですね。
なので、逆援助を関係として続けていくためにはそれなりのやり方や必要なことがあるのです。
逆援助交際を長く続けていくにはどんなことが必要かを解説しましょう。

逆援助を長く続けよう

逆援助を長く続ければ、それだけセックスを好きに楽しむ事ができますしお金も継続的にもらい続ける事もできますからね。
言い方は悪いですが、かなり割のいいバイトになりますのでやるからには気に入られて関係を継続して行くに越したことはないでしょう。
そこで、逆援所を長く続けていくためには必要なことを学ばなければいけないわけですが、どんなことが必要なのかというとすなわちそれは女性に気に入られる事です。
女性に好かれ、側においておきたいと思わせるようにすることが必要になります。

逆援助の女性に好かれるためには

逆援所をする際には、女性に好かれる事は必須スキルになるのですがただ好かれるだけではなく、逆援助をしていく上でこの人を側においておきたいという風に思わせるにはちょっとしたコツが居るんです。
その中でも、特に依存させるというのがテクニックになります。
そのためには、自分が側に居ることでしか満たされない快感や充足感を与えてあげる事が大事なんです。
そのためには、セックスの際やデートの際はたくさんスキンシップを取る、色んな所に触れるキスをたくさんする、甘い言葉をたくさん言うなど、女性として満たされる事をとにかくたくさん行うことです。

愛人関係になろう

継続的な逆援助の関係、というのは正に若い愛人状態になることが最も理想的です。
そして、一番大事なのは自分からお金をあまり無心しないことが大事です。
相手の女性が自分から気持ちをつなげておきたくてお金を出すように仕向けるのが大事なんです。

24 11月

逆援助交際の期間と付き合い方の関係

逆援助交際をする際には、関係性をどういうふうに成り立たせるかということも重要な要素ですね。
逆援助も、普通の出会い系サイトなどを使った出会いと同じく人の数だけ形があり、どういう関係を成立させるのかという事が関わってきますからね。
関係性の成り立ちと、形作るものという事解説します。

逆援助での関係性の期間について

逆援助ではどんな関係を作るのか、という事が大事なのですがそれだけでなくどんな期間楽しむつもりなのかということも大事です。
基本原則、逆援所の関係性というのは女性がイニシアチブを取って決定する物なのですが、その女性が逆援所の関係をどんな期間楽しむつもりなのかということで付き合い方も変わってくるんですね。
わかりやすく言うと、一回限りの割り切り関係なのか、それとも定期的に会って関係を続ける継続的な関係なのか、ということですね。
逆援助は主にこの二つのどちらかに分類されますのでその二つをベースに付き合い方を学びましょう。

逆援助と付き合い方

逆援助で、どんな期間が求められているのかどんな付き合い方が望ましいのかという事は非常に大事なんですね。
まず、一回限りの割り切り関係なのですがこの場合はあまりベタベタした関係は作らない事です。
いわば、相手の女性に求められる事だけを激しくするという事が大事です。
逆に、逆援助の関係を継続するのであれば優しさや癒やしを相手に伝え、相手のしたいことを汲み取ってあげたり、一緒に楽しんでいるというような態度をしっかりと見せ、内面的な部分での良さも見せる必要があるんですね。

期間と付き合い方

逆援助における付き合い方と期間は、短ければ肉体的な快感、ながければ精神的な充足感を重視するというような風に、逆援助に於ける求められる物と何に比重をおいて付き合っていくのかという事を上手に切り替えなくては行けないのです。
期間がながければ長いほど、相手に喜ばれる精神的な方に比重を傾けましょう。

20 11月

逆援助交際を実現させたいなら

逆援助交際、という言葉は正に男性にとって夢のような言葉ではないでしょうか。
セックスもできるし、お金ももらう事が出来るという女性が援助交際というものをしているのと同じ感覚で楽しむ事が出来るし、お金を稼ぐことが出来る、という事ですからね。
しかし、これを実現しようとするとなかなか難しいんです。

逆援助を本当に実現したいなら

逆援助、というのは実は詐欺系の出会い系サイトを運営する業者が作った言葉なんです。
いわゆる、男性にとって都合の良い言葉ですよね。
逆援助、この言葉を聞いたら夢を見てしまう男性というのが世の中には大多数居るのです。
しかし、業者が作った言葉ということはそれは業者がそういった夢見る男性を引っ掛けるために作った言葉、というのがわかってくるのではないでしょうか。
そうです、つまり逆援助を実現したいのであればそういった業者が関わっているようなところを利用しては行けない、ということなんですね。

逆援助を実現する方法

まず、第一に逆援助という言葉を使っている運営サイトは全部無視することです。
逆援助という言葉を使って男性会員を集めようとしているところはほぼ間違いなく詐欺業者の運営している釣りサイトです。
なので、逆援助を実際にしたいのであればそういった記載がない普通の出会い系サイトや、SNSの掲示板などで逆サポという形で相手を求める事です。
SNSのような、個人でやり取りをする場所であれば中にはそれを見て利用しよう、という人がいるかもしれませんからね。
少なくとも、詐欺業者が運営しているサイトを利用するよりはあ可能性があります。

逆援所を実現させるポイント

ポイントになるのは間に誰も挟まない、ということなんです。
誰かに紹介されて、という形で逆援助が成立することはほぼまずありえません。
なので、逆援所をしてくれそうな人を見つけたら声をかけ、仲良くなってからだんだんとそういう方向に話しを持っていく必要があるのです。

5 11月

逆援助交際で求められる物

逆援助交際、と一言で言っても実は色んな形があるんですね。
それぞれ、逆援助の形が違うように逆援助におけるあり方やそれに望ましいやり方という事が必要になってきます。
今回は、そんな逆援所におけるそれぞれのあり方とどういう風に接していけばいいのかということを解説していきましょう。

逆援助のあり方について

逆援助、というのは非常に広義な物で女性が男性に対して謝礼をあげることによる事で成立する関係全てを指しているのですが、その関係のあり方や求めるものによってどういう関係が女性に求められるのかということも大きく違うんですね。
まず、性欲などの欲求不満を解消するためのセフレ関係を求められている場合ですがやはりセックスが一番充填に置かれる要素ですね。
しかし、性的な関係は求められず例えば恋人同士のようにデートや甘い時間を楽しんだり、ハグやキス、スキンシップや添い寝と言ったようなやり取りを求めて癒やしを求めるような物は性的欲求とは違った物が求められます。

逆援助で求められるそれぞれの要素

先ほどの通り、逆援助では求められる物がセックスなのかそれともそれ以外の要素なのかという事は大きな違いを生みます。
まず、セックスを求められているのならばセックスの満足度が一番重要ですね。
なので、セックスのテクニックや長時間楽しませてあげる事が出来るかどうか、というようなことが大事です。
逆にそれ以外の満足感を求められている場合は、恋愛気分や癒やしを与えるために言葉や行動、そして出会いの頻度や普段のやり取りなどの振る舞いで相手の女性を喜ばせる事が求められます。

逆援助で希望を叶えよう

逆援助で、しっかりとお金をもらうためには相手の女性が求めているものを的確に把握し、それを叶えてあげる事が大事なんですね。
逆に言えば、相手が求めてない事まで此方から押し付けてしまうとそれは逆効果になりますので、そうなってしまわないように注意しましょう。

3 11月

逆援助をする際の心構え

逆援助交際を始める場合は、まずは逆援助交際をする上での心構えと言うものが必要になってきます。
何をサービスするかだとか、どんなテクニックを磨くかだという前に逆援助を成功させるための心構えをまずは持っておく必要があるんですね。
では、その逆援助を始める上での心構えというのは何なのかを紹介していきましょう。

逆援助の心構えとは

逆援助をする際に必要な心構え、それは常に女性を持ち上げそして自分の我を出さないようにするということです。
逆援助、というのは言ってみれば男性が自分がおもてなしをすることによってお金を出してもらう、という一種のホストクラブのようなものを個人で行うという物なのです。
なので、お金を出してもらうという事を意識してもてなしをするという心構えを持たなくてはいけないんですね。
もちろん、自分が楽しむという事もなければ継続する事は出来ませんが自分が楽しむ事を優先させすぎると相手の女性の満足度が不十分になることもありますからね。

逆援助で気に入られるコツ

逆援助の関係で、相手の女性に気に入られるコツはとにかくでしゃばったりしないようにし、自分を抑えるということです。
そして、相手の女性がしたいことをさも自分もしたいと思っているように見せることです。
相手の女性も、いやいや付き合ってもらっているというような事だったりあくまでお金をもらっているから付き合ってあげている、というような付き合い方をすると相手の女性もちょっと冷めてしまうんですね。
なので、相手の女性の希望をしっかりと聞きつつそれを能動的に行うのが気に入られるコツです。

逆援助はホストと同じ

逆援助、という関係はいわば個人でホストクラブをやるというような物なのです。
そのまんまホストクラブのホストのような振る舞いをしろというわけではなく、自分はお出迎えをしておもてなす側になっているんだという事を自覚して、相手の女性を如何に喜ばせるかを最優先で考えるのがコツです。

2 11月

逆援助とホストの違いを説明しましょう

逆援助交際を成功させるには、どうしたらいいのでしょうか。
やっぱり、お金を出してもらうならホストクラブのようにイケメンで、女性を酔わせるようなトーク力がなければいけないのではないか、という事を感じる人も居るでしょうね。
しかし、逆援助とホストと言うのは全然違うものなんだということを紹介しましょう。

逆援助とホストの違いについて

逆援助とホストは、両方とも女性が男性にお金を払って喜ぶ事をしてあげるという広義的な部分では同じような性質を持っている、とは言えるのですがあくまでそれは根源にある物が近しいだけです。
逆援助とホストでは、女性が求める物というのがかなり大きく違います。
ホテル、というのは謂わば男性で言う所のアイドルへの投資に近い物があるんですね。
そのホテルで人気な男性に一番投資をすることによる優越感だったり、逆にあまり人気がないホストを自分が投資して支えてあげるというような事などお金を出す事が自分の満足感につながっていくという物なのです。
しかし、逆援助というのはあくまで男性の時間をもらい恋人のように付き合ったり自分だけを癒やしてくれるという事を求める過程に対してお金を払うものなんです。

イケメンでなくてもトーク力がなくても大丈夫

逆援助というのは、ホストと違いイケメンだったりトーク力があったりするということは特に必要ありません。
逆援助で求められていることは、恋愛のいいところだけを擬似的に楽しんだり、男性に癒やしてもらう事が目的だったりしますからね。
なので、顔の善し悪しやトークの上手下手よりも素朴な優しさや気遣いというようなことが大事なんですね。

逆援助は人柄で勝負

逆援助、というのは言ってみれば都合の良い恋愛をするという事がとても大事なことなんですね。
なので、恋愛のいいところの部分だけを見せて演じる代わりにお金をもらうというような事だと認識しましょう。
そうすれば、自ずと逆援所の振る舞い方が見えてくるでしょう。

2 11月

逆援助で求める物の男女の認識差

逆援助交際をする際には、女性から求められる物というのが男性と女性では、認識の齟齬がある場合があるんですね。
なので、これから逆援所をやろうという風に考えている人はもしも認識に齟齬がある場合は、そのズレた部分を正しい認識に変えてから臨むようにしましょう。

逆援助交際で求められるものの認識のズレ

男性からすると、やっぱり逆援助で求められる男性への要素というのは三高と呼ばれるような男性としてのステータス。
そして、ほっそりしたスリムなスタイル、お洒落でいかにも流行りのファッションをしている、というようなこと。
後はホストのように、会話が上手だったりユーモアがあって会話上手、メールがマメで女性への気遣いという物がしっかりしている、といういかにもモテる男という感じの人物像ですね。
確かにこういった物は有利な条件になることはあるのですが、実はこれ自体が逆援助という関係に求められているという事は全く無いのでこの認識は誤っていると言えるでしょう。

本当に求められている物

逆援助で男性が女性に求められているもの、それは女性が男性に対して求める欲求を満たしてくれる、という事ナんです。
つまりは、側にいてくれること、自分を女として求めてくれること、を与えられる存在です。
優しく振る舞える、自分のやりたいことを優先してくれる、上から目線な振る舞いをしない、セックスが自分本位ではなく愛撫や奉仕で盛り上げてくれる、女性が喜ぶような言葉を自分だけに言ってくれる、会っている時は恋人以上に恋愛のような感覚で振る舞ってくれる、ということなんです。

女性の求める欲求とは

女性が求める、男性から女として求められたいという欲求というのは体であるだとか見た目であるという事よりも、如何に自分の気持ちを満たしてくれるかということなんです。
なので、ホストのような軽い振る舞いではなく恋愛をしている時のような真面目な相手への好意というものを見せられることの方が大事なんです。